http://www.komanoyu.net/

2016年07月31日

31日、にぎやかな一日でした

今日は久しぶりにお客さんがたくさん来てくださり、
また、最近よく来てくれる仲良しのご夫妻に、応援団に入ってくれた方に、
遠くから、近くからと…本当に有り難いことです。
最近相談に乗ってくださる方が話を聞いてくださったり…
先日の集結のリーダーが来てくださったり…

あっという間に8月も終わり…
結局新しい建物のオープンが遅れ、
腰痛もあって、なかなか進まない、うまくいかない…事がありますが、
それでも、今日のように来てもらえると、少し安心…
やはり、霞みを食べていけないので…

とはいえ、波長の合う人との会話や手助けだったり
有り難いことです。
またのお越しをお待ちしています。


P1360106.jpg
posted by 駒の湯 湯守 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月30日

30日、久しぶりに、にぎやかでした

友人が何年かぶりに来てくれたり、常連さんがご家族を連れて来てくれたり、
子どもさんも多くにぎやかな日でした。

それでも、温泉に入ったお客さんは少なくて、
なかなか難しさを感じます。
足湯もタダだからということで入るお客さんが久しぶりにいて、
他のお客さんを寄せ付けないほどの人数で…

そういう人が多いと不安になってしまいますが、
応援してくれる人がいてがんばれてます。


P1360090.jpg

posted by 駒の湯 湯守 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月29日

29日、いい天気でしたが…

いい天気でしたが、お客さんはあまり来てもらえず…残念でした。

あっという間に7月も終わり…
8月にずれ込んでしまっていて、その忙しい中でついつい作業をすると、
腰痛になってしまい…
お客さんが来られないのでさっと閉めて治療に…
そんな時に限って人が来てくださって…

もう少し前なら…と思いながら、お話しできた分は対応できるのですが、
配送に来られた人はその後だったので…本当に残念。
腰痛の原因の換気扇だっただけに…とはいえ、換気扇が来ても、
電気屋さんが来ないとつかないのだから…仕方ない。
大工さんも苦笑している状態…あんなに急ぎでした仕事は何だったのか…

仕方ないとはいえ難しいことです。

天気が良くなってきたとはいえ、お客さんは少ない、
お客さんが来る時期にはオープンが間に合わない…
それでもがんばって、スロープを移動させました。
お手伝いありがとうございます。
腰痛がひどい中、一人では無理だったので感謝です。

P1360090.jpg

posted by 駒の湯 湯守 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月28日

28日天気は良かったものの…

工事もあまり進まず…
お客さんも来ず…
ずっと気になっていた換気扇の穴…
換気扇がつくまで穴が開いたままらしい…

それがそのままになっていて気になっていて…
ついつい作業を…
薪についてもずっと催促されていたのもあって
この一番忙しい時期い動いてしまい…
重なったせいか、腰痛になってしまい…

進んだと思うと停滞し…うまくいったと思ったら失敗やミスが出て…
そんなことばかりではやる気がなくなるばかり…
それでも、お客さんが来てくれるからがんばって来れた…

しかし、お客さんも来ないとなると…

それでも、それでもがんばって来れたのは、お湯が出続けてくれるから…
ぬるいけれど、復活したお湯は出ている…
一部止まったり…いろいろだがそれでも出てくれる…
お湯に入ると元気が出る…大地のエネルギーが体内に注ぎ込まれる…

それを少しでもつなげていきたい…少しでも味わってもらいたい…
自分のできる、人に喜ばれる事は、お湯でしかない。
お湯があるところに人が集まり、自分も生きていける…

P1360070.jpg




posted by 駒の湯 湯守 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月26日

26日、雨が降ったり止んだり…

火曜日はお客さんがもともと少ない上、昨日休んだためか、
天気のためか、お客さんはほとんどおらずでした。

温泉好きの方たちが来てくださり、常連さんも差し入れ持って来てくださり、
本当に有り難いです。
他はもっと少ないと伺っても、確かに被災しなければ、何とか暮らせる状況だったから、
他の旅館さんでもそうだろうと思われます。

いらない部分を削ぎ落し…と言ってもそれはかなり大変と言うのも、体験しました。
しかし、全部なくなると、自宅の時も、新しい駒の湯ですら、
「うらやましい」と人に言われるのだ、と感慨深い…です。

ダンシャリ(断捨離)という言葉がはやりましたが、建物はそうはいかないので、
維持管理のための費用が馬鹿にならず、しがらみもあり、簡単にいかないのを、
あっという間に何もかもないのだから…

しかし、資金不足で収納の場所すら取れていない、いただいた冷蔵庫が入らない…
計画通りいかなくて落ち込むことも多く…
やっとのことで立った所ですら、泊めて欲しいなど…困った要望が出て…

何をやってもどうしても悩みは尽きないという所を、接客の時だけ忘れていられます。
たわいない話に花が咲き、いろいろやり取りして、感心して…
本当にお客さんが来てくれると元気になるというのはこういうことだと思います。

今日も本当に無事済みました。ありがとうございました。

P1360038.jpg

posted by 駒の湯 湯守 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記