http://www.komanoyu.net/

2017年05月31日

5月31日、明日のために配管掃除しました

今日はお客さんに会えないので、残念ですが、
用事やお世話になっているところに訪ねたり、
いろいろしている間にあっという間に終わり、配管掃除をしに行きました。
仕込みやらもその後行っています。

P1440244.jpg

大工のお陰でかっこよくなったし、ガスの心配もないので、今度、本番の検査が終われば…
一安心…明日、取材が入るので、この湯口が流れます…
posted by 駒の湯 湯守 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月30日

5月30日、今日も天気が良く…

今日は地区の振興協議会の総会で、一時出かけましたが、
遠くからのお客さんが来てくださっていたり、蕎麦を食べてくださる方や、
昔からのお客さんさ初めて来てくださって、心配くださっていたり、
常連さんが、連日来てくれ、今日は蕎麦を食べてくださったり…
本当に良い日で、感謝ばかりです。

明日はお休みですが、今回の工事の結果を保健所に報告に行きます。
無事に報告できることに安堵しつつ…、
温泉が継続できるように頑張っていきますので、
どうか、応援ください。
お越しいただき、お湯を楽しみ、
蕎麦を食べていただけるのが、喜びです。

よろしくお願いします。

P1440226.jpg
posted by 駒の湯 湯守 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月29日

5月29日、お天気はとてもよく…

今日はくりこま高原温泉郷の総会がありました。
朝一のお客さんにお蕎麦を出しているうちに、テレビの取材があり、

20170529 青森.jpg

代休で小さなかわいいお客さんが来てくれ、
会議で一緒だった湯浜温泉さんが来てくれ、
新潟からのお客さんにお蕎麦を出して、完売…
わかっていれば、もっと作っておくのですが…
売れ残ることも多いので…ついつい…

20170529.jpg20170529ファミリー.jpg

宮古のお客さんに出せなかったものの、また来てもらえそうな…
そんな、良い出会いに感謝です。
最後は常連さん、アイスクリーム差し入れを持って来てくれ…
本当に感謝です。

今日は、土も運び込まれて、ちょっとびっくり…

P1440219 (002).jpg

バタバタしているうちに、一日が終わりました。
ありがとうございました。


posted by 駒の湯 湯守 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ガス対策、無事に…

P1440169 (002).jpg
後は、保健所さんへの報告と検査があるのかもしれませんが、
いま現在、無事に数値が下がりました。
ご心配をおかけしました。応援、ありがとうございました。

もともと、基準値を少し超える程度でしたが、
自然なお湯を入れている関係で、検査の時に少し高かったり…で、
震災で、新規扱いでなければ…違っているし、「震災特区」であれば…

父や母が元気で、旅館であれば資金面も施設面でも
こんなに心配しなくてもよかったと思うのですが、
震災で打ちひしがれることも許されない、生き残るという事の難しさ。
やっと立ち上がったら…次々と難題が…孤立無援の状態…

本当に個人的に応援くださった方たちの温かい助けなしには
生きる事さえ困難でした…
でも、やっとのお湯が復活し…とうらやましがられたのが、
このお湯ゆえの問題のようになってしまい…
問題が問題だけに言いにくく、理解されない辛さ…

しかし、本当に、担当者の方や、その声掛けで来てくださった皆さんのお力でやる気
になり、
また、温泉好きの方たちの様々な情報、そして電気屋さんに大工さん。
本当にありがとうございました。
また、この間、体調不良で動けないのを、手伝ってくれた助っ人の皆さん、
そして、いつも愚痴を聴いてくださる、ブログの読者の皆さま、
温泉に来たり、蕎麦を食べるときに話を聞いてくださった、
声をかけてくださる皆さま本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
posted by 駒の湯 湯守 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お手伝いいただける方へ…

今日も首都圏の方がお手伝いに来てくださいましたが、
今回初めての方で、こちらもうまく説明できたか…という事もあり、
他にもお手伝い募集と書いてあるけど…という方にお知らせします。

ブログや通信をご覧の方は応援団があるのをご存じだと思いますが、
応援団は資金面でサポートしてくださる方の受付を主にしています。
そのため、「助っ人」と呼んでいる人たちの中に団員でない人がいます。
しかし、活動は同じです。活動の内容はHPでご覧ください。
http://komanoyu.net/ouendan.html

昔、自分が活動するときお金の心配しないで、活動させてもらった経験から
会費を払わないでも活動できる、ことにしています。
しかし、基本は、お手伝いなので、謝金もありませんし、
保険などもご自身でお願いします。

また、自力で来られることが基本です。送迎はしていません。
時期によっては自宅で泊まっていただくこともありますが、
宿泊が目的のお手伝いはお断りしています。
それは、近隣に宿泊施設があり、そちらの営業妨害になるからです。
食事も基本はご自分で用意いただいてますが、それも、同じ理由からです。

差し入れていただいたり、その分のご寄付をいただいたりするので、
そちらで賄わせていただいたり、自分たちが食べるものを一緒に…ということもあります。
基本、家族や友人と同じような形ですので、
そのようなつながりを持てた方にお手伝いいただいています。
そのため、内容も個人の生活のサポートに見えるものもありますが、
「友人が困っていることの手助けをしたい…」という形のお手伝いです。

ただし、湯守が…と個人でなく、役割のサポートをお願いしているのは、
駒の湯温泉を維持、管理するためには、湯守の存在が大きく、それはどこの温泉も同じです。
しかし、この地の雪の状況、冬季の休業中でも配管掃除などやることが多く、
雪の多い山で暮らさざるを得ない、ということで、冬の暮らしのサポートをお願いしています。

それは、いずれ、湯守が交代することがあるでしょう、後も
是非皆さんの力で、湯守を守り、駒の湯温泉を守っていただきたい、
今、ここで生まれ育ち、ずっとそれしかしてこなかったと言っている人が、
元気な間に、仕組みをつくって、この地とこの温泉を守りたい…と
いうことで、発信し続けています。

ですので、無理のない、ご自身ができることをお手伝いくだされば、十分です。
今は、草取り、草刈りなど植樹関係のお手伝いと、温泉維持(掃除など)をお願いしています。
温泉の掃除は、お手伝いくださっている方の記事をご覧いただけると様子がわかります。
http://blog.goo.ne.jp/onsen_shouyou/c/0ab40adf33a4b1573ae58d2c1e63953c

記事の季節が冬時期のことで毎日の掃除をしていない分、湯の華が多いので、
この時期にはあれほど湯の華はたまりません。

変わった温泉に入りたい…という目的の方にはお断りをしています。
そういう意図でのお手伝いではなく、通常営業のために掃除をしていて、
それが、毎日繰り返されるこの時期、一人でやるには大変だからです。
また、ゆっくり入っている時間はなく、営業時間に合わせての掃除…ですから、
お仕事の一環をお手伝いいただいている…という事でお願いしています。

最後に、支援者と呼ばれる、支援を職業にしている人であっても、仲間として活動をお願いします。
以前、応援団をつくるときに支援者に手伝ってもらいましたが、意義や意味がなくなると、
いなくなられるので、「友人や仲間」であれば、違っただろうと思っています。
支援する側、される側ではなく、お互いにいい関係で、
普段できない活動ができるから、とか、山や温泉に訪ねたときにちょっと寄って手伝う…とか、
そういう関係が理想ですし、一緒に生きていく仲間としてのお手伝いであってほしいです。

よろしくお願いします。
posted by 駒の湯 湯守 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記