http://www.komanoyu.net/

2018年06月10日

うまく話せたら良いのに…

お客さんの中には本当にわかってくださって、
勇気や希望をいただく…
そうでない人に同じことを話しても、逃げ腰で怖がられている??
必死過ぎるのかなあ??、誰か代わってくれって思う…
被災して立ち上がることがそんなに簡単だと思いますか?
みんな、他人事にしかならないのは、どうしてですか?
お客さんの方が心配してくれて…

今日も朝一、自分も被災してる人が、
早くてごめんって言いながら来てくれた。
応援団に入ってくれて、温泉に入ってお蕎麦食べて話して…
それがうれしい、その人はブログを読んでない…
でも気持ちをくんでくれる人なので、会うと元気が出る有難い存在…
自分もそんな人になれるかな…
posted by 駒の湯 湯守 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183498795

この記事へのトラックバック